脳や脊髄・末梢神経の障害による病気の診断と治療を担当いたします。実際には頭痛、めまい、失神・けいれん、顔面や手足のふるえ・しびれ、顔面や手足がうまく動かない、言語障害、嚥下(物を飲み下す)障害、物忘れなどの症状が問題となります。
代表的疾患として、頭痛、脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・アルツハイマー病などの神経変性疾患、重症筋無力症・多発性硬化症・慢性炎症性脱髄性多発根神経炎などの免疫性疾患、脳炎・髄膜炎などの神経感染症があります。当科では頭部CTやCTアンギオ、超音波ドプラーなどの検査を中心に診断治療を行っております。
また、当科では頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、三叉神経痛を含む)に対する専門的な診療を行っており、早期診断・治療に力を入れています。

診療担当表はこちら

医師紹介


梁 正淵 (りょう まさふち)

東海大学医学部准教授
神経内科医長

主な専門領域

脳神経内科疾患全般 認知機能障害性疾患を含む神経変性疾患

資格

プライマリ・ケア連合医学会認定医・指導医、日本老年精神医学 専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、日本旅行医学会認定医、レビー小体認知症研究会専門医、日本神経学会代議員、日本頭痛学会代議員、独立行政法人医薬品医療機器総合機構 神経内科専門委員、レビー小体認知症研究会 世話人、サポートネットワーク 神奈川サポート医


瀧澤先生i_ac

瀧澤 俊也  (たきざわ しゅんや)

非常勤医師
東海大学医学部教授

主な専門領域

脳血管障害、認知症診断治療など

資格

日本内科学会認定医・神経内科専門医・脳卒中専門医など


篠原 幸人 (しのはら ゆきと)

非常勤医師
東海大学名誉教授

主な専門領域

脳卒中、認知症、頭痛、神経難病(パーキンソン病・筋萎縮症)などの脳神経内科疾患、および人間ドックなどの予防医学

資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本人間ドック認定指定医


北川 泰久 (きたがわ やすひさ)

非常勤医師
東海大学名誉教授

主な専門領域

脳血管障害の病態生理、危険因子、頭痛

資格

日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、日本リハビリテーション学会臨床認定医、日本脳卒中学会専門医など