脳や脊髄・末梢神経の障害による病気の診断と治療を担当いたします。実際には頭痛、めまい、失神・けいれん、顔面や手足のふるえ・しびれ、顔面や手足がうまく動かない、言語障害、嚥下(物を飲み下す)障害、物忘れなどの症状が問題となります。
代表的疾患として、頭痛、脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・アルツハイマー病などの神経変性疾患、重症筋無力症・多発性硬化症・慢性炎症性脱髄性多発根神経炎などの免疫性疾患、脳炎・髄膜炎などの神経感染症があります。当科では頭部CTやCTアンギオ、超音波ドプラーなどの検査を中心に診断治療を行っております。
また、当科では頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、三叉神経痛を含む)に対する専門的な診療を行っており、早期診断・治療に力を入れています。

診療担当表はこちら

医師紹介


木島 千景 (きじま ちかげ)

東海大学医学部助教
神経内科医長

経歴

平成20年 東海大学医学部卒業、平成20年 東海大学医学部付属病院臨床研修医、平成22年 東海大学医学部内科学系神経内科臨床助手、平成25年 同助教、平成26年 付属東京病院勤務

関係学術団体

日本内科学会、日本神経学会、日本脳卒中学会

資格

日本神経学会専門医、日本内科学会認定医、日本脳卒中学会専門医

主な専門領域

脳血管障害・認知症・パーキンソン病


篠原 幸人 ※要予約 (しのはら ゆきと)

東海大学名誉教授
(元当院病院長)

経歴

昭和38年 慶應義塾大学医学部卒業、聖ルカ病院インターン、慶應義塾大学大学院修了(医学博士)、同42年より3年 米国 デトロイト・ウェイン州立大学、テキサス州ヒューストン・ベイラー大学留学、帰国後、慶應義塾大学病院医長、同51年 東海大学医学部付属病院に神経内科設立、同58年より東海大学医学部教授(神経内科学)。付属東京病院病院長、東海大学医学部付属病院痴呆センター長などを経て、東海大学医学部付属病院副院長、脳血管センター長。平成14年より日本脳卒中学会理事長、平成16年 東海大学医学部退任、東海大学医学部特任教授、平成18年より国家公務員共済組合連合会立川病院病院長、同19年東海大学名誉教授

関係学術団体

日本脳卒中学会、日本神経学会、日本神経治療学会、日本人間ドック学会、日本脳ドック学会、日本成人病/生活習慣病学会、日本内科学会、国際脳卒中学会、世界神経学会など

資格

日本内科学会認定内科医・指導医、日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本臨床薬理学会認定医、日本人間ドック認定指定医

主な専門領域

脳卒中、頭痛、痴呆、めまい、しびれ、神経難病(パーキンソン病・筋萎縮症)など


北川 泰久 (きたがわ やすひさ)

 東海大学医学部教授
(前東海大学医学部付属八王子病院 病院長)

資格

日本神経学会、日本内科学会、日本リハビリテーション学会、日本脳卒中学会

主な専門領域

日本神経学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本リハビリテーション学会臨床認定医、日本脳卒中学会専門医


髙木 繁治  (たかぎ しげはる)

東海大学客員教授

経歴

昭和46年 慶應義塾大学医学部卒業、同50年 慶應義塾大学(医学大学院修了博士)、同51年 東海大学医学部助手、同57年より2年 米国 マイアミ市Mount Sinai Medical Center留学、同60年 講師、平成4年 助教授、同9年より付属東京病院神経内科勤務、同11年 付属東京病院副院長、同14年 東海大学医学部教授(神経内科学)、同24年 東海大学医学部非常勤教授

関係学術団体

日本神経学会、日本内科学会、日本神経治療学会、日本脳卒中学会、日本脳ドック学会、日本成人病学会、アメリカ心臓学会(American Heart Association)、国際脳循環代謝学会、国際脳卒中学会

資格

日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本脳ドック学会認定医、日本医師会認定産業医

主な専門領域

神経内科疾患一般、脳卒中、痴呆性疾患、頭痛


竹腰 玲子 (たけこし れいこ)

非常勤医師