当院手術の特徴は、外科系医師がそれぞれ専門領域のエキスパートであって、繊細かつ正確な手術を行っていることにあります。このことを職員の一人として大変誇らしく思っています。麻酔科では、患者さんそれぞれ個別の身体状況に応じて、手術前から手術終了後の回復期に至る周術期の健康を守り、かつ、精密な手術操作が順調に運ぶよう手術環境を提供することを使命としています。
手術を受けられる皆さんが安全かつ快適な周術期をすごせるよう、周術期の安全管理に関する最新知見を常に更新し、これらを外科系医師・手術室職員・病棟職員・コメディカル職員と共有しながら周術期におけるチーム医療を実践しています。
手術前には麻酔方法について説明し、麻酔に対する疑問や不安の解消に努めています。皆様のご意向に沿うよう、全身麻酔・硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔・静脈麻酔・超音波ガイド下神経ブロックなど様々な麻酔法の中から最適な麻酔法をご案内し、術後には各種投与経路による術後鎮痛法を実施することで苦痛なく快適な手術後の回復と早期離床を促しています。麻酔法に関するご相談は随時受け付けています。

診療担当表はこちら

医師紹介


竹山 和秀 (たけやま かずひで)

東海大学医学部准教授
手術・滅菌材料室長
麻酔科医長

資格

医学博士、日本麻酔科学会認定専門医、日本麻酔科学会認定指導医、日本蘇生学会認定指導医、ACL/BLSプロバインダー、MDIC(医療機器情報コミュニケーター)