東海大学医学部付属病院の理念

東海大学の創立者 松前重義は、医学部・付属病院の開設にあたり、「ヒューマニズムと科学の調和をはかり、新しい医療体制の確立をめざす」と宣言し、同時に、人格豊かで幅広い視野とヒューマニズムに基づく使命感を持った医師を育成するとともに、「患者さまの精神的な支えとなり、心あたたまる人間性豊かな病院を建設する」と語りました。
変わることのない私たちの理念です。

患者さんの権利について

東海大学医学部付属病院は、世界医師会が採択したリスボン宣言に謳われている患者の権利をすべて尊重し、患者様を主体とした次のような医療を提供します。

  1. 人間としての尊厳を守ります。また、一切の差別なく平等な医療を行います。
  2. 治療の効果や危険性に関する情報を提供し、ご意思を尊重したうえで最善の治療を行います。
  3. 常に安全な医療を心がけ、その対策に取り組みます。
  4. ご自身の病気について、お求めに応じて情報を提供します。
  5. プライバシーを尊重し、個人情報の機密を守ります。
  6. 健康についての教育活動を推進します。
  7. ご自身の信仰に基づいてお求めになる、宗教的な支援を受けられるように努めます。
  8. 患者様の参加と協力を得て信頼関係を築き、ご病気の克服を目指します。

法令や医療従事者の良心および医療上の倫理に背く医療は行いません。また、当院の医療活動の妨げとなるような行為には厳重に対処します。