肺がんCT検査で死因リスクの高い肺がんを早期に発見し、
早期治療につなげましょう

肺がんは、2014年度の統計では悪性腫瘍の死因第1位で、年間約7万人の方が肺がんで命を落としています。肺がんはある程度進行するまで症状があらわれにくいため、見つかった時にはすでに進行していることが少なくありません。
がんの治療には、早期発見が大切です。そこで検診や人間ドックでは、胸部X線検査にて、肺がんの早期発見に努めています。


肺がんCTの利点
CT画像では、胸部X線画像では見つけづらい、濃度の薄い肺がんや、心臓、血管や骨の陰に隠れてしまう肺がんを、早期に見つけることが出来ます。

血管や骨に重なるがん
血管や骨に重なるがん濃度が薄いがん
濃度が薄いがん 

 

 

 

肺がんCT検診の特徴

CT検査による肺がん検診は、胸部X線検査と比較して、肺がんの更なる早期発見が可能です。胸部X線検査ではわかりにくい、小さな陰影や淡い陰影の肺がん、また心臓や横隔膜に隠れて見えない肺がんを見つけることができます。
ただし、CT検査は放射線被曝が多いなどのデメリットもあります。そこで当院では、なるべく少ない被曝で肺がんを見つけられるように、ガイドラインに沿って低線量CT検査を行っています。とくに、以下のような肺がんにかかるリスクが高い方にお薦めしています。

肺がんCT検診をお薦めする方

◆40歳以上(肺がんの死亡率は、40歳代後半から増加し、高齢になるほど高くなります)
◆喫煙者(過去の喫煙も含む)、および受動喫煙の機会が多い
◆咳、痰、血痰などの症状がある
◆血縁者に肺がんの人がいる
◆工場などの粉塵やアスベストに曝露されたことがある
※ただし、妊婦の方や妊娠の可能性のある方、ならびに、メドトロニック社製Insync8040型ペースメーカーを使用されている方は受診できません。

肺がんCT(胸部CT検査)について
費 用 10,000円(税別)
実施日 月〜金曜日 14時〜16時
土曜日 13時〜14時
検査時間 胸部CT検査は10分程度です。
結果報告 受診日から約2〜3週間後に郵送いたします。
ご 予 約 受診希望日より1週間前までに、当院受付にお越しいただくか、下記の連絡先までご連絡をお願いします。

◆ご予約・お問い合わせ先

東海大学医学部付属東京病院 健診センター
TEL:03(3379)1304(予約専用)
FAX:03(3370)2320
E-mail:dock@tok.u-tokai.ac.jp