入院中から患者さんの退院後の生活に配慮した支援を
積極的に行っています

当院では、患者さんが退院後、その人らしい満足した生活(QOL:quality of life)を過ごしていただけるよう最大限に配慮し、医師、病棟看護師、退院調整看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師、理学療法士、管理栄養士などがチーム一丸となって支援を行っています。
その一つとして、入院時から患者さん(主には一人暮らしやご高齢の夫婦の方など)の退院後のライフスタイルを考慮しながら、療養生活に応じたアドバイスを行うほか、地域の医師、看護師、ケアマネジャーなどとも連携しています。

◆ 退院へのサポート
〔退院支援〕

患者さん、ご家族が安心して在宅での療養生活を送ることができるようにチームでお手伝いします。
生活を送る上で心配なことはご相談ください。病棟看護師、外来看護師、主治医、ソーシャルワーカー等が協力して、生活指導、退院指導を行います。

〔医療福祉相談〕

ソーシャルワーカーが、健康保険・介護保険・身体障害者手帳など社会保障制度についての相談・説明や手続き支援、転院先や利用できる施設のご紹介、社会参加や復職の相談などを行います。

◆ 在宅療養への取り組み
〔在宅医療指導〕

外来・病棟看護師が、ストマ管理、カテーテル管理、注射(インスリン)、フットケア、自己導尿などの方法について指導を行います。

〔リハビリテーション〕

理学療法士が、家庭環境に応じた運動指導、身体介助方法について指導を行います。

〔栄養指導〕

栄養管理士が、手術後の食事の摂り方、症状や体調に応じた食事の作り方や摂り方を指導します。

〔服薬指導〕

薬剤師が、飲んでいる薬の効果と副作用をはじめ、服用方法や注意事項などを説明します。