熟練看護が自宅療養の患者さんを支援する取り組み
「看護外来」 を開設しています

日本人の4人に1人は65歳以上という超高齢社会を迎えたわが国では、通院しながら自宅で療養する患者さんが、今後ますます増えていきます。こうしたことを背景に、当院では、2015年1月から「看護外来」を開設しました。
現在、糖尿症とがんの分野に精通した認定看護師が、対象となる患者さんに対して、医師の指示をもとに、外来面談室にて30〜60分間の指導を実施しています。医師や薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーと連携を図りながら、患者さん一人ひとりの療養生活に合わせたアドバイスや指導を行っているのが特長となっています。

◆ 看護外来
「糖尿症合併症管理」

糖尿病があり、かつ足にトラブルがある患者さんやご家族に対し、足の観察方法、爪切り、お手入れ方法などを説明するほか、必要に応じて看護師が処置を行っています。
(指導の内容)
・自己注射の器具の取り扱い方法
・合併症予防のためのアドバイス
・糖尿病患者さんの在宅療養支援全般
・その他

「がん患者指導管理」

がん患者さんやご家族に対し、抗がん剤の副作用の説明や対応を行うほか、患者さんの不安や悩みに対する支援を行います。
(指導の内容)
・化学療法の副作用に対する対処法や日常生活で気をつける点などへのアドバイス
・がん患者さんの在宅療養支援全般
・その他