東海大学の建学の精神である、科学とヒューマニズムの融合は、科学技術が進んだ現代にこそ必要な精神であると思っています。東海大学医学部付属東京病院は、この建学の精神を具現化し、皆さまに信頼される医療を提供することを心がけております。
患者様の価値観は多様です。患者様のお言葉に耳を傾け、ご要望を尊重し、ご納得がいくまで言葉を尽くして説明し、患者様にとって最高の道を選択することが、信頼される医療の基本です。患者様のご要望を実現するために工夫し、常に皆さまの健康への思いを実現するように努力したいというのが私たちの願いです。
当院は、東海大学の医療ネットワークや地域の介護ネットワークを駆使して、高度な医療、心がこもった医療を提供します。最新の情報を提供すること、誠実に患者様に向き合い、医療安全を第一に考えることが、私たちの信頼される優しい医療の原点であると考えております。
当院では、すべての医師が患者様の悩みを聞き、たとえそれが自分の専門ではなくても、どこに行けば解決するかを一緒に考え、適切な専門診療科へ橋渡しすることを心がけております。ですから、どこを受診すればよいかなどと悩まずに、当院においで下さい。診療科の隔壁がなく、チーム医療を率先して行える環境が、東海大学医学部付属東京病院の特徴の一つです。当院にない診療科が必要な場合には、東海大学の医療ネットワークを通じて、適切な医療機関をご紹介します。

笑顔をお返しする

常に新しい技術や医療を検証し、患者様が納得して、信頼して医療を受けていただくことを心がけております。
当院においでになり、少しでも明るくなり、お元気になってお帰りいただくことが私たちの最大の喜びです。皆さまの声をしっかり受け止め、悩みにお応えすることが、優しい病院の本質であると考えております。患者様の笑顔と安心を提供する病院でありたいと願っております。

予防医療

人生90年時代を迎えて、予防医療は大変重要です。当院は、抗加齢ドックを最初に実施した施設です。笑って、楽しく年をとるために、私たちがお手伝いできること、それを求めて、当院の健診センターは日々取り組み、予防医学を研究し、それを実践する医療を行っております。

患者さまと向き合う医療

小規模な病院という特性を生かして、皆さまの個々のご希望に可能な限り応えるように努力しております。患者様一人ひとりに向き合った心の通った医療を実践することが、私たち医療人の使命であると考えています。多くの患者様の安心を提供できる病院として、皆さまの健康づくりをお手伝いします。

赤石誠青バック
病院長
赤石 誠

循環器内科学教授