消化器・肝臓センターは昭和58年の開院当初から当院での主力診療部門として続けてきました。当センターに所属する医師は日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化器内視鏡学会、日本内科学会の専門医、指導医が多く、専門性の高い医療を施行できるように整えられています。一方、現代社会で求められている総合診療を基本に患者さんやご家族の気持ちや状況をも考慮して診療にあたっています。
消化器内視鏡検査及び治療においては、苦痛の少ない方法として原則鎮静剤を使用して行っています。内視鏡システムおよび機器においては昨年最新のものを導入し検査室内のリニューアルも行い安全、適正な高度な診断、治療ができるようになっています。内視鏡治療においては、低侵襲の粘膜切除術(EMR)、粘膜剥離術(ESD)をエキスパート中心に食道、胃、十二指腸、大腸を広範囲に施行可能な体制をとっています。
胆道・膵臓疾患は高齢化社会では増加しています。特に、胆嚢結石、胆のう炎、総胆管結石、胆管炎などは治療に緊急性を要しますが緊急の検査治療を内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)と内視鏡的治療(ドレーン挿入、採石など)を行うことが可能です。膵臓疾患は急性、慢性膵炎や膵のう胞性疾患の精査治療並びに近年増加している膵癌の診断、治療(手術、ステント留置、抗がん剤治療)も可能な体制となっています。
肝疾患においては、肝臓専門医によるウイルス性肝炎治療を積極的に行っています。特に抗ウイルス薬の進歩は速く最新の情報をもとに対応しています。肝がん治療は、早期発見をこころがけ肝動脈化学塞栓術(TACE)、ラジオ波焼灼術(RFA)を中心に数多く施行しています。肝硬変などの肝不全治療や合併症の食道胃静脈瘤の内視鏡的硬化療法、結紮術も国立がんセンターなど他院からの紹介も受けて実施しています。近年、肝疾患は脂肪性肝疾患が中心となってきています。肝がんの原因としてだけでなくメタボリックシンドロームの表現型として重要な疾患となっていますので科を越えた対応を目指しています。消化器全般で対応しておりますのでお気軽にご相談ください。

平成27年度実績
上部消化管内視鏡4,918例、下部消化管内視鏡1,857例、ERCP35例(ステント挿入、採石など)、 内視鏡治療435例(EMR、ESD、食道静脈瘤硬化療法、結紮術、ステント挿入)、カテーテル治療26例(TACE、PSE,B-RTO)、経皮的治療14例(RFA)

消化器肝臓センター独自サイト

診療担当表はこちら

医師紹介


白石 光一 (しらいし こういち)

東海大学医学部教授
副院長
消化器肝臓センター長
消化器内科医長

主な専門領域

肝疾患の病態と治療、肝がん治療、門脈圧亢進症治療、アルコール性臓器障害、病態栄養学

資格

日本内科学会認定医・日本消化器学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本病態栄養学会専門医、NSTコーディネーター


五十嵐先生

五十嵐 宗喜 (いがらし むねき)

東海大学医学部准教授
内視鏡室長

主な専門領域

消化器疾患、内視鏡検査・治療

資格

日本内科学会(認定医、指導医)、日本消化器病学会(専門医)、日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医)、日本消化管学会(胃腸科専門医)


青木 純 (あおき じゅん)

東海大学医学部特任講師

主な専門領域

食道・胃・大腸疾患の内視鏡診断、食道・胃・大腸腫瘍(ポリープ・早期癌など)の内視鏡治療

資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会認定医、日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医、日本医師会認定産業医


仁品 玲子 (にしな りょうこ)

東海大学医学部助教

主な専門領域

消化器疾患、内視鏡検査・治療

資格

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医


吉原 四方(よしはら しほう)

東海大学医学部臨床助手

主な専門領域

消化器系疾患


杉山 悟(すぎやま さとる)

東海大学医学部臨床助手

主な専門領域

消化器疾患 内視鏡検査・治療


西﨑 泰弘(にしざき やすひろ)

東海大学医学部教授
病院長
健診センター長

主な専門領域

健康管理学、抗加齢医学、産業保健、消化器肝臓病学

資格

日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本プライマリ・ケア連合医学会認定医・指導医、日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、労働衛生コンサルタント、日本医師会認定産業医・健康スポーツ医、人間ドック健診専門医・指導医、日本抗加齢医学会専門医、日本臨床栄養協会NRサプリメントアドバイザー、難病指定医


松崎 松平 (まつざき しょうへい)

非常勤医師
東海大学名誉教授

主な専門領域

内科学、消化器病学、肝臓病学、代謝栄養学、アルコール医学、特にウイルス性肝炎、肝硬変治療、アルコール性臓器障害(肝、膵、消化管など)、消化器生活習慣病、代謝・栄養学

資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医・功労会員、日本肝臓学会肝臓専門医・名誉会員、日本病態栄養学会常任理事


加藤 眞三 (かとう しんぞう)

非常勤医師
慶應義塾大学看護医療学部教授

主な専門領域

消化器内科、肝臓病、C型慢性肝炎、B型慢性肝炎、アルコール性肝障害、脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医・日本肝臓学会指導医、認定医、日本医師会認定産業医など


塩澤 宏和 (しおざわ ひろかず)

非常勤医師
東海大学客員准教授

主な専門領域

肝臓疾患を中心に胆嚢・膵臓疾患の診断・治療、食道・胃静脈瘤の内視鏡治療・カテーテル治療

資格

日本内科学会認定内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会認定専門医、日本肝臓学会専門医、日本がん治療認定医


佐久間 惠子  (さくま けいこ)

非常勤医師

主な専門領域

消化器内科学全般、特に機能性消化器障害

資格

日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医・精神科専門医制度指導医、日本医師会認定産業医


菊池 真大(きくち まさひろ)

非常勤医師
東海大学医学部客員准教授

主な専門領域

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の診断と治療、アルコール性肝障害の治療、B型、C型ウィルス性肝炎の治療、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)による診断と治療

資格

医学博士、日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会認定専門医


築根 陽子(つくね ようこ)

非常勤医師

主な専門領域

消化器疾患 内視鏡検査・治療

資格

日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会認定専門医、日本消化管学会胃腸科専門医